日々ジュエリーへようこそ!!

    ☆                         ☆                ☆         ☆
             ☆
          ☆           ☆
              ☆                      ☆
         ☆                     ☆
                    ☆               ☆
                  ☆             ☆                    ☆               ☆
            ☆          ☆                      ☆             ☆       ☆           

アメジストのピアス

GOLD&AMETHYST

K18,アメジスト

カラーサファイアのピアス

PLATINUM&FANCY-COLOUR-SAPPHIRE

Pt900,カラーサファイア

トンボのブローチ

PLATINUM&SAPPHIRE&DIAMOND

Pt900,サファイア,ダイヤモンド

ブルーカルセドニーの指輪

PLATINUM&BLUE-CHALCEDONY

Pt900,ブルーカルセドニー

プラチナとピンクゴールドの指輪

PLATINUM&PINK-GOLD&DIAMOND

Pt900,K18PG,ダイヤモンド

ブラックパールのネックレス

PLATINUM&BLACK-PEARL&DIAMOND

Pt900,ブラックパール,ダイヤモンド

アクアマリン&ムーンストーンのネックレス

PLATINUM&AQUAMARINE&MOONSTONE

Pt900,アクアマリン,ムーンストーン

ガーネットとパールのペンダント・トップ

Pt900,K18,ガーネット,パール

エンゲージ・ネックレス

PLATINUM&DIAMOND

Pt900,ダイヤモンド

マリッジリング&ピロー&ケース

PLATINUM&DIAMOND

Pt900,ダイヤモンド

プラチナのピンキーリング

PLATINUM&DIAMOND&GARNET

Pt900,ダイヤモンド,ガーネット

ピンクトルマリンの指輪

PLATINUM&PINK-TOURMALINE

Pt900,ピンクトルマリン

ピンクサファイアとルビーの指輪

GOLD&PINK-SAPPHIRE&RUBY

K18,ピンクサファイア,ルビー

イエローサファイアの指輪

GOLD&YELLOW-SAPPHIRE

*K18,イエローサファイア

カラーサファイアのネックレス

PLATINUM&FANCY-COLOUR-SAPPHIRE

P900,カラーサファイア

ゴールドのネックレス

GOLD

K18

ピンクトルマリンのネックレス

GOLD&PINK-TOURMALINE

K18,ピンクトルマリン

スモーキークォーツのネックレス

GOLD&DIAMOND&SMOKY-QUARTZ

K18,スモーキークォーツ,ダイヤモンド

ピンクとホワイトのネックレス

PINK-GOLD&WHITE-GOLD&DIAMOND

K18PG,K18WG,ダイヤモンド

パールのティアラ

PSV&PEARL

Psv,淡水パール

ダイヤモンドのペアリング

PLATINUM&DIAMOND

Pt900,ダイヤモンド

プラチナとダイヤモンドの指輪

PLATINUM&DIAMOND

Pt900,ダイヤモンド

プラチナとダイヤモンドの指輪

PLATINUM&DIAMOND

Pt850,ダイヤモンド

サファイアとピンクゴールドの指輪

PINK-GOLD&SAPPHIRE&DIAMOND

K18PG,サファイア,ダイヤモンド

ゴールドとダイヤモンドの指輪

GOLD&DIAMOND

K18,ダイヤモンド

サファイアのピンキーリング

GOLD&SAPPHIRE&DIAMOND

K18,サファイア,ダイヤモンド

グリーントルマリンの指輪

PLATINUM&GREEN-TOURMALINE

Pt900,グリーントルマリン

ブラックスターサファイアの指輪

GOLD&BLACK-STAR-SAPPHIRE

K18,ブラックスターサファイア

四葉のクローバーの指輪

GOLD&DIAMOND

K18,ダイヤモンド

花のネックレス

PLATINUM&DIAMOND&BLUE-DIAMOND

Pt900,ダイヤモンド,ブルーダイヤモンド

イニシャル・ブレスレット

GOLD&EMERALD&DIAMOND

K18,エメラルド,ダイヤモンド

プラチナシルバーのバングル

PSV

Psv

ラインのピンキーリング

PLATINUM&DIAMOND&YELLOW-SAPPHIRE

Pt900,イエローサファイア,ダイヤモンド

ゴールドとダイヤモンドのペンダントトップ

GOLD&DIAMOND

K18,ダイヤモンド

ルビーとダイヤモンドのペンダントトップ

GOLD&RUBY&DIAMOND

K18,ルビー,ダイヤモンド

ダイヤモンドのペンダントトップ

PLATINUM&DIAMOND

Pt900,ダイヤモンド

ダイヤモンドのネックレス

PLATINUM&DIAMOND

Pt900,ダイヤモンド

サファイアのネックレス

PLATINUM&SAPPHIRE&AQUAMARINE

*Pt900,サファイア,アクアマリン

ピンクゴールドのネックレス

PINK-GOLD&DIAMOND

K18PG,ダイヤモンド

翡翠のネックレス

GOLD&DIAMOND

K18,翡翠,ダイヤモンド

花のブローチ・1

PLATINUM&DIAMOND

Pt900,ダイヤモンド

花のブローチ・2

PLATINUM&DIAMOND

Pt900,ダイヤモンド

シェルカメオのブローチ

GOLD

K18,シェルカメオ

エンゲージリング

PLATINUM&DIAMOND

Pt900,ダイヤモンド

ピンクゴールドのマリッジリング

PINK-GOLD&DIAMOND

K18PG,ダイヤモンド

マリッジリング

PLATINUM

Pt900

プラチナのペアリング

PLATINUM&BLUE-QUARTZ

Pt900,ブルークォーツ

プラチナのピアス

PLATINUM

Pt900

ターコイズのベビーリング

GOLD&TURQUOISE

K18,ターコイズ

ハートのベビーリング

GOLD&WHITE-TOPAZ

K18,ホワイトトパーズ

サファイアのベビーリング

PLATINUM&DIAMOND&SAPPHIRE

Pt900,サファイア

2006/05/02 (Tue) ゴールデン・ウィーク

みなさん、どうお過ごしなのでしょうか?


今年のゴールデン・ウィークは、
『ダ・ヴィンチ・コード』でも読んで、まったり過ごそう。。。
なんて思ってたのだけど、
前倒し?でもう読み終わりそうです。

けっこう止まりません。

他にもやらなければいけないことがあるのに・・・
止まりません。

なんだか熱っぽかったりするのに・・・
止まりません。

でも、頭がモウロウとしているので、
読む速度はかなり遅いです。(苦笑


ブログも滞りがちです。(言い訳。)


わたしは友人から借りたのですが、

もう文庫本も出てたんですねー。

読もう読もうと思っていたわりに、まったく知りませんでした。はは。


『ダ・ヴィンチ・コード』も終盤に近づいてきたので。

ゴールデン・ウィーク後半は、
ブログ更新しまくります。(・・・たぶん。)


エメラルドのお話なんかをする予定です。



人気blogRankingへ
↑blogランキング参加しています。クリックしていただけるとウレシイです!

スポンサーサイト



日々・・・ | trackback(0) | comment(0) |


2006/05/04 (Thu) 5月の誕生石 : エメラルド

珪酸アルミニウムとベリリウムの化合物である、
ベリル(緑柱石)。

これに、鉄やマンガンなどの金属イオンが含まれると、
さまざまな姿にかわります。

アクアマリンヘリオドールモルガナイトなど。

ちなみに、
純粋な緑柱石の結晶は、無色透明。
ゴッシェナイトと呼ばれています。

不純物が含まれないのは、稀のようだけど。。。


他のベリルには含まれない、クロム

ごく僅かなクロムイオン(または、ヴァナジウム)の含有によって、
ベリルは、鮮やかな緑色になります。

そう、エメラルドに。


EMERALD:エメラルド
[日本名] 緑柱石
[色] 緑 
[宝石ことば] 幸福


エメラルドの主要産出国は、コロンビア。
次いで、ブラジル、アフリカのザンビア、マダガスカルなど。

特にコロンビアは、
全体の産出量の70%以上を占めています。

産出量だけではなく、
最高品質の美しい結晶も・・・コロンビア産のものが多いのだとか。

“エメラルドといえばコロンビア”
なのですよ。やはり。


エメラルドの緑色。

深く、鮮やかな緑色こそが、
美しいエメラルド・グリーン

濃すぎても、薄すぎても、黒すぎてもいけません。

・・・って、難しいですな。


そして、透明度。

他の宝石同様、
曇りのない透明度の高い石ほど、美しいとされます。

が。

エメラルドのインクルージョン(内包物)は、
とくに欠点とはみなされません。
(異常に多くなければね。)

成長の過程で、多数のインクルージョンを取り込んでゆくのが常だから。

むしろ、
天然の証といえるのです。


とはいえ、
内包物によってヒビ割れのようになり、それが表面まで達してしまっている場合。

エメラルドの屈折率(1.57~1.60)に近い無色のオイルや樹脂に浸して、
キズの亀裂を落ち着かせる処理を施します。

エンハンスメントですね。


エメラルドは、
硬度7.5~8と、けして軟らかくはない。
どちらかといえば硬い部類。

しかし、
インクルージョンが多いために割れやすく、
キズつきやすい繊細さを持った宝石なのです。


その繊細さからか・・・なんなのか。


エメラルドは、愛でるための宝石。

大きくてはじめて、(とは言いすぎですが。)
美しさを発揮する宝石なのではないかと思います。

ダイヤモンドのような眩い輝きはないけれど、
なんだか、艶っぽい美しさ。

でも、
圧倒的な美しさなのです。


ロンドン塔で、
インド帝国王冠のエメラルドを見たときから、そう思うようになりました。
(正直、それまで全く興味がなかったの。エメラルドには。)


小さくてはダメ!!
大きくなくてはっ!!
(はい。かなり個人的な考えです。)


古の時代から、愛されてきたエメラルド。


次回は、そんなお話。



人気blogRankingへ
↑blogランキング参加しています。クリックしていただけるとウレシイです!

誕生石のこと | trackback(0) | comment(0) |


2006/05/05 (Fri) 聖なる緑 : エメラルド ・ 1

はるか昔。
古代エジプトやメソポタミアの遺跡からも発掘されている、エメラルド

紀元前2000年以上も前から、
エメラルドは、
宝飾品につかわれていたのです。

その後の、
ギリシャ人やローマ人も、この緑色の宝石を愛しました。

たとえば、
ローマの皇帝ネロ
彼が愛用していた単眼鏡は、エメラルド製だったとか。


現在、エメラルドの産出地はいろいろあるとはいえ、
紀元前の昔、
そのエメラルドたちは、どこで採取されていたのでしょうか?


それは、エジプトは紅海沿岸にありました。

その名も、
クレオパトラ鉱山

エメラルド鉱山に自らの名を冠した、
エジプトの女王クレオパトラ

彼女も、エメラルドをこよなく愛した一人だったのです。


クレオパトラ鉱山は、
紀元前2000年頃から13世紀にかけて、エメラルドを産出し続けました。
現在はすっかり枯渇してしまっているのだけどね。

いまも世界各地に残っている、
クレオパトラ鉱山産のエメラルド(の宝飾品)たちを見れば、
過去3000年以上にわたってこの鉱山は、
相当量の質の高いエメラルドを産出していた事がわかります。



さて。

現在の主要産出国、コロンビア

エメラルドは、10世紀頃から採掘されていました。

メキシコのマヤやアステカ文明、
ペルー、チリなどのインカ帝国の広大な支配地域へと渡り、
さまざまなエメラルドの装飾品がつくらていたようです。

先住民族(インディオ?)にとって、
緑色の石、エメラルドは、
「聖なる石」でした。

とくにインカ帝国では、
ダチョウの卵ほどの大きさのエメラルド(!!)を、
彼らが崇拝する女神ウミナの魂の象徴とし・・・
その神殿も、エメラルドで敷き詰められていたとかなんとか。きゃーーー!!


しかし、16世紀に入って、
これらの文明は、スペインに征服されることとなります。

エル・ドラド(黄金郷)を求めて侵入してきたスペイン人達。

そう、
たしかにインカ帝国は、黄金の都でもありました。

その眩い黄金はもちろんのこと、
おびただしい数のエメラルドも略奪されるに至ったのです。


スペイン人に力づくで奪われ、
ヨーロッパに渡っていったエメラルドたち。


その後の行方は???



つづく



人気blogRankingへ
↑blogランキング参加しています。クリックしていただけるとウレシイです!

宝石いろいろ | trackback(0) | comment(0) |


2006/05/06 (Sat) 聖なる緑 : エメラルド ・ 2

つづき。


南米からはるばる渡ってきたエメラルドたち。(強制的にね。)

もちろんヨーロッパ各地、
とゆうか、
ヨーロッパの文明国家にも散らばったことでしょう。

が、

とくに、
イスラム教国に吸収されたものが多いのではないでしょうか。

15世紀頃から20世紀初頭にかけて、
最盛期には、
西アジア、北アフリカ、中央ヨーロッパまでも征服したオスマン帝国(トルコ)しかり。

16世紀から19世紀半ばにかけて、
広大なインドを統治したムガール帝国しかり。


なぜなら、
イスラム教にとって、緑は聖なる色だから。


例えば、
「ターバンをとめる飾りには、大きなエメラルドが~。」
なーんて表現、
どこかしらで読んだり、聞いたこと、ありませんか?


わたしだけ!?


・・・それはいいとして。

ときの支配者たちは、
有り余る財力で、エメラルドを収集したに違いありません。

ま、当然、エメラルドだけではないだろうけどね。


オスマン帝国時代の首都、
イスタンブールに建つトプカプ宮殿

当時は、スルタンの居城だったわけですが。

その宝物館では、
柄の部分に3つの大粒のエメラルドがはめこまれた短剣を筆頭に、
最高級のエメラルドが使われた宝飾品を見ることが出来ます。


ムガール帝国に関しては、
ペルシアの侵略や、イギリスの植民地支配によって、
その宝飾品のほとんどは散逸してしまったようなのだけど。


・・・ペルシアの侵略?

1739年に、ペルシアの王ナディールが、
コイ・ヌールを手に入れたとゆう、アレ?ですか?

なんだか、
相当の財産、財宝を奪っていった模様。

“デリー略奪”として、じつは有名な話らしいです。
(つながったわー。話が。)


幾多の王朝が入れ替わってきたペルシア(現イラン)もイスラム教の国。

略奪したものに限らず、
数々のエメラルドの宝飾品を所有していました。

テヘランにあるイラン中央銀行
その地下にある宝石展示室には、
膨大なエメラルド(だけではないですよ、やはり。)のコレクションが展示されているのだそう。

例えば、地球儀


地球儀?


巨大です。

高さ110cm。
地球の部分の直径45cm。
重さ35kg。

金で出来ていて、
エメラルド、ルビー、スピネル、ダイヤモンド、サファイアなどが、
ぎっしりとちりばめられているの。
その数、5万個以上。

ちなみに、
の部分がエメラルド。


海は・・・広いですよ。


王冠や剣などにセットされたり、
ジュエリーとなっている宝石が展示されているのは当然のこと。

ここでは、

エメラルドの裸石たちが、
無造作に展示されていたりするのです。箱に山盛りになって。


すごいなー。

ここは、
一度は行くべき、見るべき場所かもしれません。


なんかでも。

緑は聖なる色
とはいえ、
一瞬、ありがたみを忘れてしまうかもね。

あまりにいっぱいありすぎて。(苦笑



人気blogRankingへ
↑blogランキング参加しています。クリックしていただけるとウレシイです!

宝石いろいろ | trackback(0) | comment(0) |


2006/05/07 (Sun) 天然宝石、以外。

予告?通り、
ここ数回、エメラルドのお話をしてきました。

「エメラルド話をするなら、チャザムもね。」

チャザムのお話をしようかと思っていますが、
その前に、軽く説明を・・・。
(すでに意味不明なカンジだけど、おつき合いください。)



ジュエリーの素材となる宝石 → 天然宝石。

これは間違いなく事実ですが、
天然宝石以外のものがあるのも事実です。


【 合成石(シンセティック) 】
天然の宝石と同じ化学組成、結晶構造をもった人工鉱物。

宝石合成の試みは古くから行なわれていましたが、
1904年、
フランスの化学者ヴェルヌイが、
ルビーの合成に成功したのが最初といえるのでは。

今日では、
ルビー、サファイア、エメラルド、アレキサンドライト、アメジスト、
オパール、ラピスラズリ、ターコイズなどなどなどなど、
主要宝石のほとんどが合成されています。


【 人造石(人工石) 】
科学的方法によってつくられた素材。
天然宝石にはない化学組成、結晶構造をもっている。

わかりやすい例では、
キュービック・ジルコニアがこれにあたります。


【 模造石(イミテーション) 】
天然宝石に色や外観を似せてつくったもの。
ガラスやプラスチック、陶磁器などの安価な材料でつくられています。



で。

チャザムってなんなの?

とゆうと、

そもそも、
モノではなくて人物なのだけどね。


美しい合成エメラルドをつくるのに成功した、
アメリカの化学者の名前なのです。

キャロル・チャザム


化学者たちにとっても、
宝石とゆう美しい鉱物はやはり魅力があるようで。

一般?の人々が、
「美しい・・・。」
と、純粋に、単純に感じるのとはまた違う感覚なのだろうけど。

だって、
それを自らつくろうとするのだから。


次回。

チャザムを含め。
化学者たちの、
宝石合成へのあくなき探求のお話をします。
(・・・大げさに言い過ぎています。)



人気blogRankingへ
↑blogランキング参加しています。クリックしていただけるとウレシイです!

石のこと | trackback(0) | comment(0) |


2006/05/09 (Tue) シンセティック(合成石)

合成石(シンセティック)のお話。

宝石合成の試みは古くから行なわれていましたが、
1904年、
フランスの化学者ヴェルヌイが、
ルビーの合成に成功したのが最初といえるのでは。


なんてお話をしましたが。

じつは、
1800年代には、ルビーやエメラルドを合成すること自体は成功していました。

ただ、
結晶が小さかったり、
あまり美しくなかったり。

宝石級のものが出来たとしても、
大量には生産出来なかったり、
時間もかかったり。

コストもすごかったりして。

つまり商業ベースにはなり得ない段階だったのですね。

良質のルビーの大量生産。
その意味での最初の成功者が、ヴェルヌイという訳です。


ヴェルヌイをはじめとして、
当時の熱心な研究者(化学者)たちは、ほとんどがフランス人。

ナゼだろう?
そおゆうお国柄なのでしょうか?

フランス、とゆうか、
パリ近郊には、鉱物博物館もいくつかあるそうですよ。


ルビー合成の成功から、5年後。
ヴェルヌイは、
サファイアの合成にも成功します。

青の発色に苦労したらしく、
少し時間がかかってしまったようですねー。


でもそれ以上に、
エメラルドの合成は困難を極めました。

多くの化学者が研究と実験?を積み重ねていたのだけどね。


そんななか。


1940年代、
それはそれは美しいエメラルドが流通し始めます。



が!!


それらはあまりにも美しすぎて・・・
天然石ではないと発覚してしまうのです。


その正体こそ、

アメリカの化学者、
キャロル・チャザムが開発に成功した合成エメラルドでした。


エメラルドにはインクルージョンがあるのが、まず普通。

それが無い・・・
美しいエメラルドが・・・
大量に出回ったから。あやしまれちゃったの。


天然以上の美しさ!?


では、
ドコがどう違うのか?

宝石学者や鉱物学者によって、あらゆる角度から検討されました。
まさに、世界中を巻き込んで!!


その結果、
チャザムのエメラルドは、
天然のエメラルドに比べ比重と屈折率がほんの少し小さい。
とゆうことがわかりました。

あと、
逆に、天然にはない内包物があったとか。


しかし、
その美しさといい。

フランスやドイツで、
そのレベルの結晶をつくれるようになったのが1960年代に入ってから、
とゆう事実から考えても、

チャザムの成功は驚異的といえるのです。


その後、
合成石の生産方法もいろいろ開発され、
ルビー、エメラルドに限らず、
さまざまな宝石の合成が可能になりました。

今日では、
ルビー、サファイア、エメラルド、アレキサンドライト、アメジスト、
オパール、ラピスラズリ、ターコイズなどなどなどなど、
主要宝石のほとんどが合成されています。


とゆう訳です。


シンセティック

それは、

ニセモノではありません。

ただ、天然ではないというだけです。


でも・・・なんだか・・・。

ニセモノではないのだろうけど、本物でもないカンジ。
とか、
どこかで、天然と偽って売られているんじゃないの!?

そんな気分になる人もいるかもしれません。


たしかに、
そんなこともあるでしょう。残念ながら。


しかしですね。

シンセティックとしての市場は、存在しているのです。


日本の企業にもありますよ。

興味のある方は、是非どうぞ。
 ↓
京セラ・イナモリストーン

なんてエラそうなわたしですが、

京セラがシンセティックをつくっているの知っていたのだけど、
じつはHP見たのは今回が初めて。。。


エメラルドやオパールの製造工程なんかも説明されています。

なかなか面白いですよー。



人気blogRankingへ
↑blogランキング参加しています。クリックしていただけるとウレシイです!

石のこと | trackback(0) | comment(10) |


2006/05/12 (Fri) ・・・。

お話したいこと?があるのに、
まとまった時間がとれなくて、アップ出来ないでいますー。

(そんな大層な内容なのか?そんなに時間かかるのか?)

って、
ゴールデン・ウィーク前にも同じようなコト言ってた気がしますが。
(気じゃなくて、言ってた。)


正直、
「時間がない。」
とゆう言い訳は(本当に)好きではないのだけど。。。


週末、時間がありそうなので更新しまーす。


意味もなく。
キューバ、バラデロにて。
キューバ。
バラデロとゆうビーチにて。

キレイでしょ?

ビーチと言いつつ、
コレは、プールでの写真なのだけど。あはは。


ちなみに、右下。

わたしの顔の一部です。
心霊写真ではありません。(苦笑



人気blogRankingへ
↑blogランキング参加しています。クリックしていただけるとウレシイです!

日々・・・ | trackback(0) | comment(0) |


2006/05/13 (Sat) イスタンブールとゆう街。

大好きな街です。

でも、まだ行ったことはありません。
ので、
若干・・・表現が不適切ですね。

とても興味のある街です。
にしとこうかな。


イスタンブールは・・・ココ。
トルコ共和国
外務省のHPから、地図を拝借してきましたー。

以前お話した、
トプカプ宮殿があるところ。


330年より、東ローマ帝国の首都だった街。
1453年、東ローマ帝国の滅亡。オスマン帝国の首都になった街。

そのオスマン帝国も終焉をむかえることとなり。

1923年、アンカラがトルコ共和国の首都になりました。


ちなみに、
東ローマ帝国が首都として以来、
創立者コンスタンティヌス帝の名をとって、
(英語式発音では)コンスタンティノープルと呼ばれていました。

コンスタンティノープルのトルコ語式の呼び方が、
長い年月をかけて変化して・・・
原語が想像できないほど変化して・・・
今日では、イスタンブールと呼ばれるようになったのだそう。


もともと、ヨーロッパや中東。
イスラム文化にもすごく興味があったのですが、

イスタンブールにこんなにも興味を持つようになったきっかけは、
この本かもしれません。

なんの予備知識もなく、ただタイトルに惹かれて買ったのですが。

・・・平成3年発行。
その年に読んでいるハズなので、15年前。(!!)

かれこれ、
10年以上はイスタンブールに行きたいと思い続けているわけですね、わたし。


「じゃあ、早く行きなさいよ!!」
なんて言われそう。
わたしもそう思います。(笑


じつは数年前、
ようやく本格的に行こうとしてたのだけど、
爆破テロがあったりね。
その他もろもろの事情が。

'03~'04版の地球の歩き方「イスタンブールとトルコの大地」が、ウチにはあります。



・・・。

いや、
そおゆう話がしたいのではなくて。


地理的に、
アジアとヨーロッパの接点に位置するイスタンブール。

シルクロードの西の終着点でもあったことから、
まさに、
東西文明(文化)が融合している街なのです。

そして、
オスマン帝国が繁栄を極めた街。


例えば、
トプカプ宮殿で展示されている中国や日本の陶磁器。
スルタンが豊かな財力で買い取った陶磁器のコレクションは、
世界最大級の規模なのです。

宝物館のお話は、少しだけしましたね。

大粒のエメラルドがはめこまれた短剣があったり。

あと、
有名?なところでは、
86カラットのペアシェイプのダイヤモンド。
“スプーンメーカーズ・ダイヤモンド”が展示されています。
一説では、
猟師が拾ったこの原石をスプーン3本と交換したことから、この名前がついたのだとか。


トプカプ宮殿や宝飾品について読んでいるときに、

イスタンブールは、
オスマン帝国時代は侵略を受けていないので、財宝は略奪されずに残った。


とゆうような文章がありまして。


たしかに、そんな類の侵略は受けていないよなー。
なんて思ったのです。

これまでの世界の歴史を見ればわかるように、
ホント、侵略と略奪はペアですからね。(苦笑


「そっか。じゃあ、沢山あるのかー。」

さぞかし見ごたえ充分(なことだろう)。

イスタンブール。
そして、
トプカプ宮殿に行く日のことを考えて、のんきに楽しくなっちゃったりしてたのです。


だがしかし。


なんと、

は別のところにいました!!



人気blogRankingへ
↑blogランキング参加しています。クリックしていただけるとウレシイです!

日々・・・ | trackback(0) | comment(0) |


2006/05/14 (Sun) 宝石の価値。

なにも、敵とゆうわけではありませんが。


栄華を誇ったオスマン帝国も、
1922年、
終焉の日を迎えます。


もちろん、突然滅亡するわけもなく。
それまでには、後退につぐ後退の日々だったのです。

1908年には、青年トルコ党による無血革命が成功していたり。
これにより、
当時のスルタン、アブデュルハミト2世はトルコを追われることとなりました。


追放された彼は・・・
手ぶらで亡命したわけではありません。


1911年、パリ。
(元)スルタンの宝石が競売にかけられました。

二度にわたって開催された競売の図録によると、
合計419点のジュエリーや宝石が・・・。えーっ!?

そのうち、
なにもセットされていないダイヤモンドが、106点。
そのほとんどが10カラット以上。
最大のもので82カラット。


なんだか、めまいが。。。


記録に残っているのが、これだけなのであって、
持ち出されたものはまだ他にもあるのでしょう。たぶん。

わたしだって、きっと持って逃げるものー。(!?)


たしかに。
これだけの宝石が残っていたら、
もっともっと見ごたえがあることでしょう。

トプカプ宮殿の宝物館。

うーん。
残念。



それにしても。

極上の宝石には、
やはり、ものすごい価値があるのですね。(あくまでも、極上のね。)

しかも、
宝石ってかさばらないし。

たった一掴みの宝石でも、
何億、何千万とゆう価値があったりして。(いや、だから、極上のモノの場合ね。)



考えてみれば、不思議な世界だわー。
(なにをいまさら!?)



そんな極上の宝石たちを、
「自分のものにしたい。」
とは思わないのだけど。(そんな財力はない。とも言えますが。)

やっぱり、
「見てみたい。」
とは思います。


そして、
実際に見たら・・・

(いつものように、)言葉を失ってしまうと思うのだけどね。(笑



人気blogRankingへ
↑blogランキング参加しています。クリックしていただけるとウレシイです!

日々・・・ | trackback(0) | comment(0) |


2006/05/16 (Tue) プラチナのピアス

そうだ。
このピアスを紹介しなければ!!

友人のピアス。
プラチナのピアス
*Pt900*

近いうちに紹介させてくださいね。

と、
4月27日にこの写真をアップ。

他の話ばかりしていたら、5月も半ば。早い。。。


このピアスは・・・

彼女とは、
まだそれほどは親しくなかった頃。

「こんなことやって(ジュエリーつくって)ます。」

と言った瞬間に、
オーダーを頂いちゃったくらいのイキオイで出来たものです。
(・・・いくらなんでも大げさ表現か。)


バングルにするか?ピアスにするか?

では、
多少悩んだようですが、
もともと、オーダーメイド自体に興味があったらしく。

オーダーする。
とゆうことは、決まっていたみたいです。


ありがたいですねー。


では、
どんなピアスにするか?


1. プラチナで、
2. 石は使わない、
3. じゃらーーーんっと長い、
ピアス。
とゆうご要望でした。


ちょうどその時、
既製品ですが。。。
こんなの、じゃらじゃらしてたのです。わたし。

「そうそう、こんなカンジで。」
みたいな。

ま。
↑は、大きさの目安としてね。


あと、
カクカクした?
角張ったデザインよりは、
丸みを感じるデザインで。

・・・とは、
わたしが勝手に思ったのか。たしか。(苦笑


なにはともあれ。
デザインを6点、考えたわけであります。


で、
デザイン発表会。

デザイン画を見ながら、

「これは・・・実際どんなカンジ?」
「これはねー。」

そんな質疑応答?を何回か交わした後。




(たぶん、1分もかかってない。)

「じゃあ、コレで。」


!!


悩むのがいいとか、悪いとか。
そんなお話では全くなくて。

いままでのお客さんのなかで、
即決度?No.1でしたっ!!

そりゃあもう、驚くほどに。
正直、拍子抜けするくらいに。


「え、もう決めちゃっていいの!?」

思わず、
口走っていたし、わたし。ははは。


そんなこんなで。
出来あがったのが、このピアスなのです。


細かいところはおまかせ

だったので、

フックの部分(耳にかけるところ)とか、
けっこう遊びをいれました。

なんか楽しかったなー。
いろいろ考えるのが。


じつは・・・

即決な彼女が選んだデザインは、
わたしがいちばん気に入っていたものでした。


オーダーを受けたとき。

考えたデザインたちに、
常に(自分のなかで)順番があるわけではないのですが、
お気に入りとゆうのがある場合もあり。
(それは・・・たいてい、あるか。)

選ぶのはモチロンお客さま。

ですが、

結果として、
それを実際つくれるとなっちゃうと、
やっぱりうれしいものなのですよ。はい。


今回も、
思うがままにつくらせてもらい。(笑

緊張の納品日をむかえ。

どうやら、
気に入ってもらえて・・・

ホッとしたのでした!!



人気blogRankingへ
↑blogランキング参加しています。クリックしていただけるとウレシイです!

ピアス&イヤリング | trackback(0) | comment(2) |


2006/05/18 (Thu) らしさ。

さて。

プラチナのピアス
*Pt900*
4月27日に写真をアップして、ほんの数日後。
じつは、
このピアスの彼女に、久しぶりに偶然会いました。


なんだか・・・面白いタイミング。
なんて、
ひとり勝手に思っていたら。
(別にピアスの話題をふるつもりはなかったのだけど。)

彼女の方からピアスのお話が。


このピアス。

もう長い付き合いになる、
お互いによく知っている友人に、

「すごく、あなたらしい。」

と言われたそうなのですよ。


オーダーメイドした。
とか、
そもそも、
ピアスの話をしていないのに、
突然言われたのだとか。


彼女がオーダーメイドに興味を持っていたのも、
じつは、その友人の影響もあったようで。

オーダーメイドしたことがある人だからなのかな?

「既製品の中からあなたが選んだのではなく、あなたの為につくってもらった。」

それがわかると。


このお話は・・・
すごく感激しました。


当たり前のことではあるけれど、

常に、
お客さんのことをイメージして、
デザインも考えるし、実際につくるから。


自分の描いたイメージが、ピッタリとハマった!!
とゆう喜び。
かな?

うまく説明できないなー。


その後、
別の長年の友人にも同じようなことを言われ、

「オーダーメイドって、こおゆうことなのか。」
と、
なんだか実感したのだそう。

そして、

この話は、わたしに伝えなくては!!
と思ってくれたのだそう。


あー。
ありがとうございます。

そう思ってくれて。

そして、
それを伝えてくれて。


うれしくてうれしくて、気絶しそうでしたー。


そんな一言だけで、
ホント、元気になれるのです!!

明日の活力?になるのです!!


楽しくなって・・・
その日は、お酒のみすぎちゃいました。(!?)


はしゃぎ過ぎです。(苦笑



人気blogRankingへ
↑blogランキング参加しています。クリックしていただけるとウレシイです!

日々・・・ | trackback(0) | comment(0) |


2006/05/20 (Sat) オーダーメイドいろいろ。

オーダーメイドのお話。

「自分だけのために、って魅力です。」

とゆうコメントをいただきまして。(ありがとうございまーす!!)


ついつい、つくる立場で考えてしまうのですが、

ふと、逆?の立場になり・・・

「わたし、オーダーメイドしたことないかもーーー!!」

と思ってしまいました。


いや。
かも、じゃなくて、ないですね。(断定。)
いまのところ。


そんなわたしのまわりには、
けっこうオーダーメイドな人たち?が多い気がします。

ま、
ジュエリーはもちろんそうなのだけど。
(わたしも沢山つくらせていただいてますし。)

それ以外でも。


・・・。

そういえば、男性が多いかもしれません。

スーツだったり、シャツだったり、鞄だったり。


別に、
「オーダーメイドな人ですか?」
なんて聞くことはないのだけど。

なにかの拍子にそんな話になると、
間違いなく、
くいつきます。わたしが。(笑

だって、
オーダーメイドする際のこだわりとか聞いてみると、
すごく面白いんですよね。


で、
いろいろ聞いているうちに、

「それって、素敵なこだわりだなー。」
「そんな人たちが、いっぱいいるといいのになー。」


・・・て、
やっぱり、つくる立場になって、もの考えちゃってますわ。。。



そんなわたしにもね、
オーダーメイドを予約しているものがあるのです。


それは・・・

ウエディングドレス!!



・・・いまだに、
不確定な予約ではありますが。(苦笑


じつは、
ごく親しい友人が、
ウエディングドレスをつくっておりまして。

数年前から制作活動を始めた友人。

彼女のウエディングドレス制作の第一号になるハズだったのに。

あれ?

おかしいなー。

まだみたいです。わたし。


そんな彼女は、
ドレス以外に、
こんなものもつくっています。
リング・ピロー
リング・ピロー。
(・・・勝手に写真アップしてしまったが。)

ピローとゆうか、
首のところに指輪をかけておける、オブジェですね。

高さは・・・
せいぜい10cmくらいではないかと思うのですが。

ウエディングドレスとタキシードは、
結婚式で新郎新婦が着用したものを、
忠実に再現してるのだそう。
(細かーい!!)


すごく喜ばれるようですよ。


そりゃあ、
ステキだものー。


ふたりの写真の横に、
このミニチュアなドレスが置いてあったりするのかしら。
(と、想像してみました。)


なんだか。
オーダーメイドにも、
いろんなカタチがありますねー。


ウエディングドレスまでには、
まーだ時間がありそうなので、
その前に、なにかオーダーメイドしてみようかな!?



人気blogRankingへ
↑blogランキング参加しています。クリックしていただけるとウレシイです!

日々・・・ | trackback(0) | comment(2) |


2006/05/21 (Sun) 破壊。

指輪をかけたり、
ピアスを置いたりする、カワイイ置き物。


しかし・・・

なんかオカシイ。。。

あ。三日月が・・・。


と思ったら、
三日月が落っこちてました。


いやぁあぁぁーーーーー!!


本来は、
クリマスツリーの星のように、
三日月がのっかってたのです。

なのに。
(この写真にはありませんが、)ピアスやら、ブローチにまざって、
お皿?の上に、
ひょっこり三日月がいたの。気がついたときには。


ナゼこんなことに!?




あー。

なんだか思い当たるフシがあるような。


数日前、
コレを置いてある上の方から・・・
うっかり、丸くて小さいもの(?)を落としてしまったのですが。

丸くて小さいだけに、
転がって見つからなくなりそうで。

ま、すぐ見つかったのだけど。

そんなことばかりに気がいってて、
その丸くて小さいのが、
落ちる途中で破壊活動まで行なっていたとは!!

しかも、ピンポイントで。


まったく気がつきませんでした。。。



しょっくです。

貰いものなのにー。



この場を借りて、
ごめんなさい。(て、いいのか?それで?)




しばしうなだれた後。

接着作戦決行。


いちお、もとどおり。

くっついた。。。


でも、アップには耐えられません。

近くでみたら、
明らかに接着のアトがわかります。


それでも・・・ヨカッタわ。
いちお、カタチが戻ったから。(と、思うしかない。)


モノの取り扱いには、十分気をつけましょうね。わたし。



人気blogRankingへ
↑blogランキング参加しています。クリックしていただけるとウレシイです!

日々・・・ | trackback(0) | comment(2) |


2006/05/25 (Thu) Question

思いつきでおいた、Question Box(?)。



なかなかおもしろいですねー。


こおゆうことって、
ふと思って、誰かに聞こうと思っても、
絶対に聞かなければいけない事でもなんでもないので、
すっかり忘れてしまうのだけど。

不特定多数のお話が聞けちゃうなんてー。



ナゼ、こんなことを聞きたくなったかというと・・・


先日会った友人が、

「女のヒトは、イニシャルと誕生石!!」

と、断言してまして。
ひょんな会話から。


その友人は、
女性関連の商品を扱って、バリバリ仕事している女性。

女性のキモチ?には強いでしょうからねー。


たしかに。
イニシャル系?にしても、誕生石にしても、
市場に多く出てるには、
それなりの理由があるハズで。


とは分かっていながらも、

「やっぱり、ホントに、そおゆうものなの!?」

と、思ったから。


まったくもって、素直じゃないわたし。(苦笑


たぶん・・・

わたし自身が、あまり興味ないから。
そう思うのだろうけどね、きっと。


そう思ったら、
なんだか、
いろんなヒトのお話を聞いてみたくなっちゃったのです。

ただそれだけ!!(笑



早速、答えてくださった皆様。

ありがとうございます。


傾向としては、
スキかキライ(とはいってないな。興味ない、か。)、
ハッキリ分かれますねー。


そんな気はしてたけど。なんて。


どちらにしても、
デザイン次第。てのもあるようだし。

・・・そりゃあそうだ。


まだ
の方。
ゼヒ、教えてくださいねー。(笑



人気blogRankingへ
↑blogランキング参加しています。クリックしていただけるとウレシイです!

日々・・・ | trackback(0) | comment(0) |


2006/05/27 (Sat) 小指のサイズ。

友人からのオーダーで、
けっこう前に仕上がっていた・・・
ピンキーリング
*プラチナ,ダイヤモンド,イエローサファイア*
指輪。
小指用のピンキーリングです。


一度は手放した?この指輪。

この度、
里帰りしてきました。

サイズ直しのために。


この写真じゃあ、
指輪のカンジ、よくわからない。

ですよね。

このピンキーリングについては、
サイズ直しが終わってから、
また改めて、詳しく紹介しますね!!



さてさて、
サイズのお話ですよ。

デザインを考える段階で、
しっかりサイズ合わせもしたのですが、(当たり前です。)
ちょっと大きかったのです。


仕上がった指輪をはめてもらったとき。

友人の小指に、
するっ
と、はまったのを見て、

「うわっ。コレ、絶対おっきいーーーっ!!」(ココロの声。ムンクの叫び級。)

「・・・ちょっと・・・大きいね・・・サイズ。」(実際にでた、よわよわしい発言。)

友人は、
「どうかなー?大丈夫じゃないかなー。」
とは言っていたのだけど、

やっぱり・・・
大きかったみたい。


するっ、とはまるだけに、
するっ、とぬける!?


指輪のサイズを合わせるときって、
けっこう時間をかけるのだけど、
今回は、ちょっと読み?が甘かったようです。

反省。。。



そういえば。

ずいぶん昔、
(ジュエリーに関わる、ずーっと前。)
小指にはめていた指輪、
落としてなくした事があります。

・・・トイレで。


ある友人も、
ピンキーリング、落としてなくした。
って言ってたような。

・・・トイレで。


置き忘れにしても、
落とすにしても、
トイレって、
指輪をなくすキケンの高い場所なの!?


ま、しかし。

わたしがトイレに落とした指輪は、
小指しかはいる指がなくて、
たぶん、
2~3号は大きかったのではないかと思うのだけど。

だから・・・

トイレに限らず、
いつかどこかで落としても、
不思議ではない指輪だったのだけどね。


・・・。

落とす場所はどおでもいいとして。


ピンキーリングの場合、
少し・・・ゆるいかな?
とゆう状態でも、(わたしの場合は、ゆるすぎでしたが。)
ぬけて、落としてしまうキケンが高いのかも。

小指って、
ほかの指よりは短いものね。あきらかに。どうしたって。


ピンキーリング推進委員会としては、
またひとつ、
特記事項がふえました。


サイズ合わせにとくに注意。(いや、どの指でもだけどね。)



ピンキーリング推進委員会は実在しませんが、
個人的に、
ピンキーリングをおすすめしているのは事実です。



わたしが好きなだけです。(苦笑



人気blogRankingへ
↑blogランキング参加しています。クリックしていただけるとウレシイです!

作業現場から・・・ | trackback(0) | comment(4) |


2006/05/28 (Sun) 落とした!?

昨日・・・

ブラックダイヤがはいったケース。
ぶちまけてしまいましたーーー!!

直径2mmのものが、7ピース。


腰位置より少し高いくらいのショーケースの上から、
パラパラと。(←こおゆう瞬間って、とってもスローモーション。なんで?)

「ひゃあぁーーー!!」

それでも、
下に落ちないようにカラダで受けとめきれたのが、4ピース。

足元にあってすぐ見つかったのが、1ピース。


あとの、2ピースは?


幸いなことに、
比較的早く、
ちゃんと見つかりました。ホッ。

ひとつは、ショーケースから2m程離れたところに。

最後の1ピースは、
ショーケースの下にたまたま?あった、ケースの中にはいっていました。


いやあ。。。
自分のものならば、
(泣く泣くでも、)「しょうがない。」
と、諦めもつきますが。

まだ買ってもいないものでしたからね。
かなり焦りました。

ほんとによかったー。見つかって!!



いやしかし。

ショーケースの下にたまたま?あった、ケースの中にはいっていました。

って、ナゼそんなところに入り込む!?


作業中、
(不本意ながら、)石を落としてしまうこともあります。
石に限らず、パーツなんかも。

大きなものであれば、すぐ見つかるだろうし。

メレのような小さな石や、小さなパーツでも、
ないわけは、ない訳で

たいていは見つかります。

が、
ときには、発見できないときもあることでしょう。
思いもしないトコロまで転がっていってしまった場合なんかね。



ありえないことって、案外あるものです



以前、
ペアシェイプ(最大幅4mm×6mm)のトルマリンの石枠をつくっていて、
実際に石をのせてみたりと調整しているとき、

手をすべらせて、
落としてしまいました。

石枠のほうを。


石枠。
→当然、石よりも大きい。

飛ばした(勢いよく落とした、転がっていった)感覚もない。
→すぐ近くに落ちているだろう。


総合的?に考えた結果、
「余裕で見つかるね。」
なーんて思っていたのだけど、

これが、
まったく見当たらないっ!!

いくらなんでも、ありえんだろう
みたいな場所も探し、
大捜索をしたのですが、

結局見つかりませんでした。。。


ショック。

というよりも、

そんなバカな!?
(だって、石じゃなくて、石枠だよ!?目立つでしょ!?そんな転がりようもないでしょ!?)

な、気分だったのですが。


「今日のところは、もう探すのやめよ。」


そのうち見つかるだろうと思いつつ。
石枠はまたつくればいいし。
とも思いながら。
(石だと、そうはいかないけどね。)



数時間後、
カウンターに座って、お酒をのんでいたわたし。

けしてヤケ酒ではありません。(苦笑


その日、
サイドにスリットのはいっている膝丈のスカートをはいていたのですが。

なんとなく。

そう、ホントになんとなく、
スリットの裾の部分を触ったら、


???

なにかはいってる?




・・・石枠がはいっていました。


後ろ側のスカートの裾の、
ほんとに端の、
まつり縫いのしていない、
ほんのすこしの隙間から・・・

入り込んだ。ようです。どうやら。


えええええーーーーー!?


ありえない!!


けど、ありえました。



さすがに驚きましたわ。。。


そしてある意味、

スカートの裾(しかも後ろ側)を触るとゆうわたしの行動も、
はっきり言って、ありえないし。

座りなおすときとか?
ミニスカートならあるかもだけど、
膝丈ですからね。

フツー、触れないですよね!?



わたし、ナゼそんなところ触ったの?



これはもう・・・

神様のお導きとしか思えません。(笑



人気blogRankingへ
↑blogランキング参加しています。クリックしていただけるとウレシイです!

作業現場から・・・ | trackback(0) | comment(2) |


2006/05/30 (Tue) ピタリング。

ピタリング


皆さん、ご存知ですか?


コメントいただいて、初めて知りましたー。

K林製薬とか、つけそうなネーミングだなー。
なんて思いつつ。

ネットで検索。

そして、
早速ネタにするわたし。あは。


要は、
サイズの大きい指輪を、ピタッと止める・・・リング。
なんですね。

シリコンかなにかのわっかなのかな?

と思ったら、
リングではありませんでした。

手のひらの方だけにはめるモノみたいです。


たしかにコレは便利かも!!


気になる方は、検索してみてね。
すぐ見れると思います。


どこかのピタリングの説明にも書いてありましたが。

単にサイズが大きい。

だけではなく、
関節が目立つタイプの指には、すごくよいモノかも。

指の根元?付け根?
が細いわけだから、
ホントにくるくる指輪がまわっちゃうんですよねー。

ま、
関節がストッパーになって、
ぬける心配はないのだけどね。

わたしの指は・・・そうでもないのだけど、
このタイプ、
実際そうだと、けっこう気になるみたいです。指輪の動きが。


うーん。

どちらかというと、男性に多いタイプなのかな?


そうそう。
そうだった。

そんな男性の悩みを考慮して、

まわらない(まわりにくい)指輪。

つくったことありました!!



人気blogRankingへ
↑blogランキング参加しています。クリックしていただけるとウレシイです!

日々・・・ | trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

** g.Ricco ** ジ.リッコ

gioiello(ジョイエッロ)
宝石、宝飾品、大切な人・モノ
gioia(ジョイヤ)
喜び、幸福を与える人・モノ
garbo(ガルボ)
繊細、精巧、粋な、たしなみ
gusto(グスト)
味覚、味、好み、センス
grazia(グラッツィア)
優美、優雅、上品な、魅力

ricco(リッコ)は、
豊かで恵まれていること。

自分の感覚を大切に。

大切な人たちやモノたちに
かこまれた生活は、
自分自身を、
そして人生を、
より豊かなものにしてくれる
と思うのです。

ABOUT ME

Ricco

Author:Ricco
オーダーメイドジュエリーのデザイン・制作を中心に活動しています。
ジュエリー。
大好きな方でも、なんだか未知の部分が沢山あったりするのではないでしょうか?
これまでの制作活動のなかでのエピソードも交えながら、
ジュエリーにまつわるアレコレ、
いろいろな方向からお話が出来ればと思っております。

** g.Ricco ** Profile

お問い合わせなどがありましたら
コチラから。
お気軽にどうぞ。

** g.Ricco ** のオーダーメイドジュエリーにご興味がある方は、
コチラをご一読ください。

** 課外活動のお知らせ **

g.Ricco(ジ.リッコ)~課外活動~

帯留め

SILVER

「OBIDOME」

「源氏香之図」より

SILVER

「初音」「胡蝶」「紅葉賀」「絵合」

Aries

SILVER

「牡羊座」

Taurus

SILVER

「牡牛座」

Gemini

SILVER

「双子座」

Cancer

SILVER

「蟹座」

Leo

SILVER

「獅子座」

Virgo

SILVER

「乙女座」

Libra

SILVER

天秤座

Scorpius

SILVER

蠍座

Sagittarius

SILVER

射手座

Capricornus

SILVER

山羊座

Aquarius

SILVER

「水瓶座」

Pisces

「魚座」

December

SILVER

「猩猩木」

November

SILVER

「UZUMAKI」

October

SILVER 「吹寄」

September

SILVER

「ShellHeart」

August

SILVER

「星」

July

「朝顔」

June

SILVER

「PEARL」

May

SILVER

「牡丹」

April

SILVER

「Butterfly」

March

SILVER

「MUZUTAMA」

February

SILVER

「結晶」

January

SILVER

「椿」

KANZASHI

SILVER

淡水パール&キュービック

PEARL

結婚のお祝いに♡

PEARL

パールとアメジストのネックレス

PEARL

アイスブルーのブレスレット

PEARL

3wayネックレス

PEARL

二連のロングネックレス

PEARL

ロングネックレス

PEARL

グレーな三連ネックレス

PEARL

秋冬カラーなネックレス&ピアス

CALENDAR & ARCHIVES

9月の誕生石は、サファイア。

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

RECENT ENTRIES

CATEGORY