日々ジュエリーへようこそ!!

    ☆                         ☆                ☆         ☆
             ☆
          ☆           ☆
              ☆                      ☆
         ☆                     ☆
                    ☆               ☆
                  ☆             ☆                    ☆               ☆
            ☆          ☆                      ☆             ☆       ☆           

アメジストのピアス

GOLD&AMETHYST

K18,アメジスト

カラーサファイアのピアス

PLATINUM&FANCY-COLOUR-SAPPHIRE

Pt900,カラーサファイア

トンボのブローチ

PLATINUM&SAPPHIRE&DIAMOND

Pt900,サファイア,ダイヤモンド

ブルーカルセドニーの指輪

PLATINUM&BLUE-CHALCEDONY

Pt900,ブルーカルセドニー

プラチナとピンクゴールドの指輪

PLATINUM&PINK-GOLD&DIAMOND

Pt900,K18PG,ダイヤモンド

ブラックパールのネックレス

PLATINUM&BLACK-PEARL&DIAMOND

Pt900,ブラックパール,ダイヤモンド

アクアマリン&ムーンストーンのネックレス

PLATINUM&AQUAMARINE&MOONSTONE

Pt900,アクアマリン,ムーンストーン

ガーネットとパールのペンダント・トップ

Pt900,K18,ガーネット,パール

エンゲージ・ネックレス

PLATINUM&DIAMOND

Pt900,ダイヤモンド

マリッジリング&ピロー&ケース

PLATINUM&DIAMOND

Pt900,ダイヤモンド

プラチナのピンキーリング

PLATINUM&DIAMOND&GARNET

Pt900,ダイヤモンド,ガーネット

ピンクトルマリンの指輪

PLATINUM&PINK-TOURMALINE

Pt900,ピンクトルマリン

ピンクサファイアとルビーの指輪

GOLD&PINK-SAPPHIRE&RUBY

K18,ピンクサファイア,ルビー

イエローサファイアの指輪

GOLD&YELLOW-SAPPHIRE

*K18,イエローサファイア

カラーサファイアのネックレス

PLATINUM&FANCY-COLOUR-SAPPHIRE

P900,カラーサファイア

ゴールドのネックレス

GOLD

K18

ピンクトルマリンのネックレス

GOLD&PINK-TOURMALINE

K18,ピンクトルマリン

スモーキークォーツのネックレス

GOLD&DIAMOND&SMOKY-QUARTZ

K18,スモーキークォーツ,ダイヤモンド

ピンクとホワイトのネックレス

PINK-GOLD&WHITE-GOLD&DIAMOND

K18PG,K18WG,ダイヤモンド

パールのティアラ

PSV&PEARL

Psv,淡水パール

ダイヤモンドのペアリング

PLATINUM&DIAMOND

Pt900,ダイヤモンド

プラチナとダイヤモンドの指輪

PLATINUM&DIAMOND

Pt900,ダイヤモンド

プラチナとダイヤモンドの指輪

PLATINUM&DIAMOND

Pt850,ダイヤモンド

サファイアとピンクゴールドの指輪

PINK-GOLD&SAPPHIRE&DIAMOND

K18PG,サファイア,ダイヤモンド

ゴールドとダイヤモンドの指輪

GOLD&DIAMOND

K18,ダイヤモンド

サファイアのピンキーリング

GOLD&SAPPHIRE&DIAMOND

K18,サファイア,ダイヤモンド

グリーントルマリンの指輪

PLATINUM&GREEN-TOURMALINE

Pt900,グリーントルマリン

ブラックスターサファイアの指輪

GOLD&BLACK-STAR-SAPPHIRE

K18,ブラックスターサファイア

四葉のクローバーの指輪

GOLD&DIAMOND

K18,ダイヤモンド

花のネックレス

PLATINUM&DIAMOND&BLUE-DIAMOND

Pt900,ダイヤモンド,ブルーダイヤモンド

イニシャル・ブレスレット

GOLD&EMERALD&DIAMOND

K18,エメラルド,ダイヤモンド

プラチナシルバーのバングル

PSV

Psv

ラインのピンキーリング

PLATINUM&DIAMOND&YELLOW-SAPPHIRE

Pt900,イエローサファイア,ダイヤモンド

ゴールドとダイヤモンドのペンダントトップ

GOLD&DIAMOND

K18,ダイヤモンド

ルビーとダイヤモンドのペンダントトップ

GOLD&RUBY&DIAMOND

K18,ルビー,ダイヤモンド

ダイヤモンドのペンダントトップ

PLATINUM&DIAMOND

Pt900,ダイヤモンド

ダイヤモンドのネックレス

PLATINUM&DIAMOND

Pt900,ダイヤモンド

サファイアのネックレス

PLATINUM&SAPPHIRE&AQUAMARINE

*Pt900,サファイア,アクアマリン

ピンクゴールドのネックレス

PINK-GOLD&DIAMOND

K18PG,ダイヤモンド

翡翠のネックレス

GOLD&DIAMOND

K18,翡翠,ダイヤモンド

花のブローチ・1

PLATINUM&DIAMOND

Pt900,ダイヤモンド

花のブローチ・2

PLATINUM&DIAMOND

Pt900,ダイヤモンド

シェルカメオのブローチ

GOLD

K18,シェルカメオ

エンゲージリング

PLATINUM&DIAMOND

Pt900,ダイヤモンド

ピンクゴールドのマリッジリング

PINK-GOLD&DIAMOND

K18PG,ダイヤモンド

マリッジリング

PLATINUM

Pt900

プラチナのペアリング

PLATINUM&BLUE-QUARTZ

Pt900,ブルークォーツ

プラチナのピアス

PLATINUM

Pt900

ターコイズのベビーリング

GOLD&TURQUOISE

K18,ターコイズ

ハートのベビーリング

GOLD&WHITE-TOPAZ

K18,ホワイトトパーズ

サファイアのベビーリング

PLATINUM&DIAMOND&SAPPHIRE

Pt900,サファイア

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/12/02 (Fri) カメオとインタリオ

めのうについて書いているとき、
「そういえば、カメオによく使われているよね。よーし、次はコレ書こ。」
なぁんて思っていたのですが、
思いのほか、めのう、その他に時間がとられてしまいましたー。(笑


とゆうわけで、カメオインタリオについて。

は?
インタリオ?

カメオとインタリオの違いはなんでしょう???

カメオは、浮き彫り彫刻。
インタリオは、沈み彫り彫刻。

の、ことなのです。


・・・おんなのひとの横顔のモチーフをカメオとゆう訳ではありません。


残念ながら、どちらの写真もないのですが、
イメージはわきます・・・よね!?

その素材として、
アゲート(めのう)、カルセドニー、オニキスなどがよく使われているわけです。

理由としては、
彫ることによって異なる色層が現れるから、でしょうか。

黒白、赤白、緑白、褐白、青白、黄白などなど。
なかでも、
青白と黄白層のカメオは、数が少なくとてもめずらしいようです。


まー、
その他にもアメジストやトルコ石など、
いろいろな素材のカメオがありますが。。。


カメオは、
古くは紀元前3000年頃エジプトでつくられていたものが発見されています。
インタリオは、さらに前。
アナトリア(現トルコ)で紀元前4000年頃にはつくられていました。


カメオの芸術は、
古代ギリシャ・ローマ時代に全盛期を迎えます。

当時は、神話のなかの神々が主なモチーフでした。


そのカメオが復興するのは、ルネッサンス期

人間性を賛美する古代ギリシャ・ローマ古典への憧れは、
宝飾品も例外ではなかったのですね。

その頃のモチーフも、神話的なものが殆どだったようです。


19世紀になってカメオブームが再来。
これには、
ナポレオンやイギリスのヴィクトリア女王が一役買いました。

古代から近世まで、
男性の持ち物だったカメオが、女性を飾る宝飾品として定着したのはこのときです。


なんて。
カメオの歴史、さらさらあっさり書いてみましたが。


カメオに限らず、
宝飾品の歴史ってホント古いですねー。

スポンサーサイト

宝石いろいろ | trackback(0) | comment(0) |


2005/12/05 (Mon) 12月の誕生石 : ターコイズ

ちぎれてしまったパールのネックレス。
その後、いくつか回収しました。

いやー、かなりいろんなトコロに転がって(飛んで)ゆくものですね。
なので、
もうしばらく様子を見ようかと思います。

ええ。
まだ直していません。
じつはワイヤーもまだ買っていません。


そんな日常の報告はいらんて。。。


すっかり師走です。


TURQUOISE:ターコイズ
[日本名] 土耳古石(とるこいし)
[色] 青・青緑・緑  
[宝石ことば] 成功

わたしの誕生石です。
はい。12月生まれなので。

「トルコ石かー。なんだかパッとしないなー。」

なんて思っていたときもありますが、
最近はいとおしく?なってきました。

ターコイズというと、
シルバーのインディアン・ジュエリー。
とゆうイメージが強かったのですが、

そういえば、

ゴールドと合わせて、
古代エジプトやペルシャの宝飾品の雰囲気もいいなぁ。
なんてね。

まだ、とくにつくったことはないのだけど。


イメージ通り?
産出量が多いのは、北米大陸。
ニューメキシコ、コロラド、ネバダ、アリゾナ、カリフォルニアなどなど。

わりと淡色で、ネット(黒の網目状組織)がはいっているものが多いのが特徴です。


最も上質とされるものは、イラン産。

鮮やかで深みのある空青色のトルコ石です。


シナイ半島では、それよりも緑色がかった青色の石が産出されます。


・・・て。
トルコ石は、トルコでは採れないのですよ。


イラン(ペルシャ)やシナイ半島(エジプト)で産出されたものが、
トルコを通ってヨーロッパ各地にもたらされたことから、この名前がついたようです。


トルコ石

成功と幸運の象徴
持ち主の繁栄を約束する宝石とされています。

しかも、自分で買ったものではなく、
人からプレゼントされたもののほうが、より高い幸運をもたらすのだとか。


あらー。

幸運て言葉、大好き!

さらに、いとおしくなりました!!

ダレかに買ってもらわなくてはっ!!!



banner_01.gif
blogランキング参加してみました。クリックしていただけるとウレシイです!

誕生石のこと | trackback(0) | comment(0) |


2005/12/06 (Tue) ネックレスから指輪へ

プラチナの枠に、プリンセスカットのダイヤモンドが4つセットされたネックレス。
ダイヤは、0.5ct。


気に入って買ってみたものの、ほとんどしなくなってしまったそうです。


肩がこるので。。。


こればかりは個人差がありますよね。

多少重くても平気な人もいるだろうし、
少しの重さでも負担に感じてしまう人もいるだろうし。

実際にしてみて、わたしはそんなに重いとは感じませんでしたが、
彼女はダメだったようです。

もともと、あまりネックレスをつけないので、
余計気になってしまったのかもしれません。

いつもは・・・?

指輪。

そう。
彼女は、指輪が好きなのです。

リフォーム後
*Pt900,ダイヤモンド*

リフォーム前のネックレスの写真はないのですが、(いつものことながら反省。。。)
リフォーム後の↑の写真と同じように、
4ピースのプリンセスカットのダイヤモンドが、
正方形に並んでいるデザインでした。

ダイヤを留めているのは、まわりの枠のみ。
爪などはありません。

つまり、
ダイヤとダイヤの間を隙間なくぴったりと並べることによって、
お互いに固定しあって留まっている状態なのです。


クールだわぁ。
この、正方形に並んでいるデザインはゼヒ活かしたいなー


しかし。

んーーーっっ。
コレ、けっこう難しいよ

ネックレスの枠、そのまま使えたらなぁー。(無理です。)


もちろん、総つくりかえ。


ダイヤモンドは硬いので割れない

みなさん、そう思っていませんか?

たしかに、
大抵は割れないでしょう。

でもね、
当たりドコロ?が悪いと、スパーンといってしまうコトもあるのです。たとえダイヤでも。
幸いまだ経験はありませんが。。。

とくに今回は、プリンセスカットで、
角があるので要注意!!なわけです。

ま・・・
キチンとダイヤが並ぶように、
キチンと石枠をつくればいいだけ、なのだけどね。
(ホント、当たり前のことなのだけどね。)

ダイヤを留めるときはかなり緊張しましたよ。


メインのダイヤモンドを正方形に並べる

これを基本に、6点ほどデザインを提案していました。
その後いろいろ打合せをして、写真のデザインに決定。

メインのダイヤのまわりと、指輪の腕の一部に、
メレダイヤを並べています。


もとのネックレスに比べたら、はるかに重量アップ。

でも、もう肩はこりませんねー。(笑



人気blogRankingへ
↑blogランキング参加しています。クリックしていただけるとウレシイです!

リング | trackback(0) | comment(36) |


2005/12/08 (Thu) ダイヤが・・・

先日、高校の同級生と軽く食事を・・・

んーーー。
軽くはなかったかもね。

19時からはじめて、気がついたらすでに25時だったので。(苦笑


その同級生、じつは半月ほど前にも会っています。

そのとき彼女は、
ハートのデザインにメレダイヤがずらりと並んだ、ホワイトゴールドの指輪をしていました。

キラキラキラキラキラキラキラキラ

かわいいデザインだねー。


あ、れ。

ダイヤがよっつ、無いよ。。。


購入後、サイズを縮めてもらったそうなので、
それでゆるくなってしまったもよう。

たしかに、
サイズを直してからダイヤがはずれ始めたような。
と、彼女も言っておりました。

そうなるのは、仕方ないのですが・・・

サイズ直しのついでに、
他のダイヤの留め直し、とゆうか補強?もしてくれればいいのにねー。

ゆるむ可能性があるのはわかっているのだからさ。。。


とゆうことで、
なくなった部分にあうダイヤを留め直して、さらに他の部分を補強して・・・

その指輪を渡してきたわけです。


ついでに、
ダイヤの輝きもアップ!!(洗浄器にかけたからねー。)

この事実にも、彼女はたいそう喜んでおりました。


そうそう。
ダイヤモンドは、
皮脂やらなんやら、油で輝きがくもってしまうのです。

なんか輝きがなくなってきたな・・・
と思ったら、
中性洗剤でささっと洗ってみてください。

キラリ

輝きが戻るハズですよー。
おうちで簡単に、ダイヤモンドの輝きを取り戻す方法です。


だからって・・・
ちょうどいいや!
なんて、

くれぐれも、
指輪をつけたまま洗いものはしないでくださいね!!(笑

日々・・・ | trackback(0) | comment(2) |


2005/12/09 (Fri) ゴールドが好き!

さて。

ダイヤを留め直した指輪をはめて、満足気な友人。


そんな彼女から、意外な告白。

「じつは・・・結婚指輪はゴールドにしたいな、と思っているの。」

えーと。
いちお注意書をしておくならば、まだその予定はないのだけどね。あはは。



彼女、
パーソナルカラー診断(←たぶんこんな名称と思われる。)を受けたそうです。

自分に似合う色は、どの色なのか?
とゆうことですよね。

つまり、
以前もほんのすこし書きましたが、自分はブルーベースなのか?イエローベースなのか?
とゆうことでしょう。
(あーしかも。また後日といいながら、その後ぜんぜん触れてないし。)


髪の色、瞳の色、
分類する要素はいろいろありますが、
わかりやすいのは、やっぱり肌色でしょうか。

簡単にいってしまえば、

黄色みのつよい肌色→イエローベース
ピンクみ?のつよい肌色→ブルーベース

そうそう。
ファンデーションを選ぶときのようなカンジです。


例えば、
ブラウンとグレー、どちらが似合うのかというと、

イエローベースの人はブラウン。
ブルーベースの人はグレー。
が、顔色が冴えるはずです。

また例えば、
いわゆるピンクの服を着るにしても、

イエローベースは、
サーモンピンクなど、淡かったり、すこしくすんだ?色あいが。
ブルーベースは、
パステルカラーでもはっきりとした色あいや、鮮やかなピンクが似合います。


そこからさらに、春夏秋冬のイメージに分類したりして・・・

イエローベース:春と秋
ブルーベース:夏と冬

これはもっと詳しくお話したいなー。
またいつかします。(一体いつだ・・・。)


とまあ、こう分類してみても、
「わたしは冬です。」
なんて、
すべての人がキッチリ分けられるものではないとは思いますが。

だって、わたしは・・・
夏と秋な気がするし。若干、夏がつよめかなー。

や。
独断だけどね。。。


ちなみに、友人はと診断されたそうです。

うん。たしかに春なカンジ。



で、なんなのかとゆうと。

イエローベースはゴールド
ブルーベースはシルバー。(色ね。)

が、より似合う、とゆうお話でした。
(また話の趣旨を忘れるところだったよ。)


指にはめたホワイトゴールドの指輪を見ながら、彼女はひとこと。

「この指輪も大好きだけど、
やっぱりゴールドのほうが、わたしの指にしっくりくるんだよね。」

うん。たしかにそんなカンジ。

わたしのゴールドの指輪をはめてみたら、スゴク似合ってた!!


よーし。
じゃあ、そのマリッジリングはわたしがつくるからねー。(と、勝手に決めました。)


それにしても。

ナゼに日本人はこんなにもシルバー(色)が好きなのでしょうか?
黄色人種のわたしたち。
じつはゴールドが似合う人の方が多い気がするのにねー。

とは、彼女との雑談です。


プラチナのエンゲージリングやマリッジリング。
ダイヤモンドが映えるのはプラチナ台。(←コレは間違いなく事実だけどね。)
プラチナ。プラチナ。。プラチナ。。。
業界の策略なんでしょうか?

と、これも雑談。


ま。
わたしもプラチナ好きなので、なんとも言えませんが。(苦笑

とゆうかわたしの場合は、
プラチナもゴールドも、どちらも大好きなのだけどね!!



人気blogRankingへ
↑blogランキング参加しています。クリックしていただけるとウレシイです!

色いろいろ | trackback(0) | comment(0) |


2005/12/12 (Mon) 12月の誕生石 : ラピスラズリ

もうひとつの12月の誕生石のお話です。

LAPIS-LAZULI:ラピスラズリ
[日本名] 青金石・瑠璃
[色] 青 
[宝石ことば] 真実・高貴


ラピスは、ラテン語で「石」
ラズリは、ペルシア語で「濃青の空の色」

濃青の空色の石なのです。


空色の石といえば、
さわやかな空青色のトルコ石がうかびますが、

ラピスラズリは、
星がきらめく夜空のイメージ。

それとも宇宙かな?

ラピスラズリ

うーん。
けっこうキレイな金粉がはいっているのだけど、写真ではよくわからないですね。(涙

(写真ではよく見えない、)
ラプスラズリに散りばめられている金色の斑点は、黄鉄鉱です。


古代から愛されている宝石。

エジプト文明の装飾品などにもよくつかわれていますよね。

わかりやすいところでいうと、
ツタンカーメン王のマスクの、あの青色。

あれもラピスラズリ。


ラピスラズリは、
細かく挽いた粉末にして、群青色の顔料としてもつかわれていました。

ウルトラマリン・ブルー

とても高価で、貴重品で。
純金以上の価値で流通しているときもあったくらいです。

もちろん現在では、
このウルトラマリン・ブルーは合成してつくられているのだけどね。


とても傷つきやすく、薬品にも弱い宝石です。

ある友人は、
板状になった大きなラピスラズリでペンダントトップをつくろうとしましたが、
誤って床に落としたときに、みっつに割れてしまいました。

そして、

ダイヤモンドは中性洗剤で洗うとキレイになります。
なんてお話をしましたが、

ラピスラズリにはタブーですよー。


日本名は青金石、そして瑠璃。

美しい響き。

この深い青色、神秘的な青色自体、わたしは好きなのですが、

実はなによりも、
瑠璃とゆう名前が好きだったりするのです。



人気blogRankingへ
↑blogランキング参加しています。クリックしていただけるとウレシイです!

誕生石のこと | trackback(0) | comment(0) |


2005/12/13 (Tue) ろう付け

この・・・薄汚れた?リング・・・

これは・・・

ホワイトゴールドなんですよ!

ゴールドもシルバーも、作業中は案外キタナイのです。
プラチナはまだキレイなのだけど。


えー。
見たとおり、
ホワイトゴールドで指輪制作中。

ホワイトゴールド・・・

幅7mm×長さ60mm×厚さ1.2mmの板?を丸めて、ろう付けしたところです。

ろう付け

貴金属と貴金属を接合する作業のことです。

この作業には、
母材(この場合ホワイトゴールド)よりも融点の低い同種の合金、
ろうと呼ばれる金属を用います。

つまり、
母材よりも早くとけるろうが、糊?の役割になるわけです。
(正しいのか?この表現は?)


ろうは、地金に合わせていろいろあります。

金ろう、銀ろう、プラチナろう・・・。

金ろう、銀ろうは、それぞれ金、銀が主成分。
それに亜鉛などを混ぜます。(この比率によって、さらに融点が変わります。)

プラチナろうに関しては、
プラチナの融点が高すぎるため、ろうには不向きで使えません。
なので、
ホワイトゴールドをろうとして使います。

ろう自体も1種類ではなく、
作業内容に合わせて、
融点の低いものから高いものまで・・・実にさまざま。


で。

そうだ。

いざ、ろう付けしようかと思ったら、
ホワイトゴールドろうが無かったのですよ!!


つくらなきゃ


ま、売ってもいるのだけどね。。。


ろうづくり

これが、けっこう緊張するのですーーー。

緊張とゆうのも、
ろうをつくることが、ではなくて、
つくったろうで初めてろう付けするときが、なのだけど。

とけにくいろうだと、
ろう付けの最中に地金までとかしてしまうキケンがありますからね。

それじゃあ、ろうの意味ないし。。。

ろうづくりの実力が試されるわけですよ。なんて。


ちなみに、
今回つくったホワイトゴールドろうは、
ホワイトゴールド:亜鉛が、9:1の割合でした。


そして、ろう付け。

これは・・・
わたしもなんとも上手く説明出来ないし、
実際に体験しないとピンとくるハズもないのですが。

火をあてて、
加熱され赤くなった地金の間に、
スッと、ろうが流れるのです。

この、スッと流れるときの気持ちイイことといったらないねー。


て、
なんのこっちゃ!?

ホント何のことやらわからないですよね。すいません。。。


普段は、
「はい、(ろう)流れましたー。」
なカンジですが。

今回は、
「よーし。(ろうづくりも)完璧だわぁ。」
とゆう達成感をね、感じたことをお伝えしたかったのです。
(↑そんな大した事ではない。)


あー。
スッキリ~~~。


・・・。

以上、
自己満足の報告でした。



人気blogRankingへ
↑blogランキング参加しています。クリックしていただけるとウレシイです!

作業現場から・・・ | trackback(0) | comment(0) |


2005/12/15 (Thu) ジュエリー職人は男であるべき!?

なんだか最近、
血液がアルコールになっていそうな気がします。

こんな状態が年明けまで続くのでしょうか。。。


みなさんお元気ですか?


ドコで読んだのかはすっかり忘れてしまいましたが、
(↑アルコールにやられてしまっているのか?)
ジュエリー職人のインタビューにて、衝撃的なコメント発見。


「ジュエリー職人は、やっぱり男じゃなくちゃあ。
男性の職人は、
そのジュエリーをすることによって、
女性が美しくなることを強く思いながらつくっているんだ
以前女性の弟子がいたけど、長続きしなかったよ。」


みたいな。
(話し方は多少脚色してますがね。)

この職人の方(有名な方なのかな?)が、
イタリア人

いやあ、イタリア人らしいなー。
なにせ、
アモーレ(愛)の国だからね。あはは。

ジュエリー職人は男であるべき!!
とは全く思わないのだけど。
そもそもわたくし女ですし。

なんかでも。
わかる気はしますね。
そおゆう気持ちは。


「(女性の場合)美容師は男性の方がいい。」

と、常日頃思っているのですが、
そおゆう気持ちに似てるかな?

・・・て、
最近お願いしているのは、女性の美容師さんなのだけどね。

矛盾だらけですな。。。


なんとゆうか。

男性の美容師さんにカットしてもらったときって、

「あれ。
思っていたのとはなにか違う気がするのだけど。
でも、すごくいいカンジかも。」

意外なキレイを引き出してもらえるような感覚がけっこうあるのです。


ま、ね。

ジュエリー職人でも美容師でも、
男性でも女性でも、
最終的には、技術センスの問題、だとは思いますが。。。


でもでも。
女性の方も安心してくださいませ。

わたくし、
女ながらも、
こめてジュエリーつくっていますから。(笑

日々・・・ | trackback(0) | comment(0) |


2005/12/16 (Fri) ひそかに思うこと・・・

昨日のブログから・・・

そうそう、そうだった。
と、思い出しました。


「わたし、ナゼこんなこと始めてしまったのだろう。」


こんなこと、ってなんだ?


ジュエリーをつくることです。


別に後悔してるわけでもなんでもなくて、
たまに、ふと・・・ね。
思うことがあったりしてー。


えーと。
男性(恋人)からプレゼントをもらうのならばっ、
わたしは、
身につけるもの、が断然?欲しいのです。

つまり、
ジュエリーとか時計とか。

しかし。
こんなことを始めてしまったことによって、
ジュエリーとゆう選択肢はなくなってしまったようですよ。どうやら。

そりゃあね。
贈る男性の方もね、気が引けるかもね。

でも。

ジュエリーをプレゼントされるのって、すごくうれしいのになぁ
(↑自業自得といいます。)



プレゼントとは別の話ですが、

「結婚指輪はどうするの?」
よく男性に聞かれます。

あ、
ホント単純に、興味本位にね。

答えは簡単。
「もちろん、自分でつくります。」

問題なのは、婚約指輪


・・・。


やっぱり自分でつくりたいな。


でもエンゲージって、いただくものだよね。


・・・。


どーする?
わたし、どーするのーーー!?(ライフカード風。)


つづく。






うそ。


「ダイヤモンド。ルース(裸石)で。」


なんて。

ゼヒ、言ってみたいものですな。


その答えを聞いた男性達は・・・

(自分から質問してきたくせに、)
なんとなく引いてる気がするのだけどね。

実際はどうなることやら?(遠い目・・・。)



banner_01.gif
blogランキング参加してみました。クリックしていただけるとウレシイです!


日々・・・ | trackback(0) | comment(25) |


2005/12/19 (Mon) シトリンとペリドットの指輪

なんか、こう・・・

宇宙的な指輪ですよね。

シトリンとペリドットの指輪
*K18WG,ダイヤモンド,シトリン,ペリドット*

・・・ちょっとちがうか。

写真で見るとゴツそうですが、実際もかなり大きいです。(笑

手自体も大きめですが・・・
指も長くて、いつもネイルがバシッと決まっている。
そんな女性からのオーダーでした。


たしかに。
たいていの人の指では負けてしまいますねー


きっかけは、
長方形のシトリンと、三角形のペリドット

わたしが持っていたルース(裸石)を気に入ってくれたのでした。

面白ろめ?のカタチと、
オレンジとグリーンとゆう色の組み合わせも、
ちょうどそのときの気分だったのかな。

ちなみに、ラウンドの石みっつ。
左から、シトリン、ダイヤ、ダイヤになっております。


テーマは、
宝石が散らばっているような
みたいな。


じつは、
指輪をつくったのはもちろんわたしですが、
デザイン画を描いたのは彼女

8点くらいあったデザイン画から、
「コレがいいのではないでしょうか?」
なんて、
わたしが選んで制作したのです。

考えてみれば不思議な会話ですよね。。。


彼女は、
デザイナーでもないし、イラストレーターでもない。

でも、とても上手なデザイン画でした!!

もともとジュエリーは大好きなようで、
やっぱり、好きこそものの・・・なんとか、ってやつですね。(←テキトー。)


とっても遊び心のある指輪が出来上がりました。


デザインを考える。
とゆう点では、ラクをしてしまったのですが。(またか!?)

彼女の中では、しっかりとイメージが出来上がっていたので、
それを崩してはいけないとゆう、
ある意味強いプレッシャーがね。。。

でも、大丈夫だったみたいですー。ほっ。



この指輪をつくったのは、もうだいぶ前なのですが、
あーーー、
またひとつ悲しいことを思い出しました。

シトリンの指輪のお話です。

たぶん次回。。。



banner_01.gif
blogランキング参加してみました。クリックしていただけるとウレシイです!

リング | trackback(0) | comment(0) |


2005/12/20 (Tue) シトリンのタンクリング

こわしてしまった指輪のお話をしようかと思っております。

自分でつくったものをなくしたり、こわしたり。
わたしってヤツは一体。。。


今回は・・・
不可抗力なのだけどね。(あらかじめ言い訳。)


前回お話した指輪。
シトリンとペリドットの指輪
*K18WG,ダイヤモンド,シトリン,ペリドット*

左端の長方形のシトリンは、
わたしがひとめぼれして購入したものでした。
2ピース、1セットにて。

その内ひとつは、↑につかわれた訳ですが・・・
もうひとつのシトリンで、タンクリングをつくっていたのです。


あ。
そういえば、写真撮ってなかった。

たまに、(いやけっこう、)忘れます。
そして後で後悔します。
がっくり。


タンクリング。カルティエの。じゃなくても。

カタチ浮かびますか?

ピンとこない方は、(←ホント写真あれば済む話なのにね。)
『タンクリング』で検索してもらえば、すぐ写真が載ってるページが見つかると思いますよ。
ついでにお買い物なんかしちゃったりしてー。


えーと。
長方形のシトリンを横に(長い方を横にして)つくりました。

だから、わりとスリムなタンクリング。


地金は・・・

シトリンはオレンジ色の石なので、
間違いなくゴールドは合うんですよね。

タンクリングに限らず、
シトリンとゴールドの組み合わせは多いのではないでしょうか。

シルバー系の地金だと、
ま、クールなイメージになるのかな。

なんて思いながら、
ピンクゴールドでつくってみました

わたしのなかで、当時ブーム(?)が来ていたので、
ただ単にピンクゴールドをつかいたかったのかもね。。。

いや、でも。

これが案外カワイイ組み合わせで、
けっこうお気に入りだったのですよ。



そして。

その日はやってきました。


地下鉄に乗りました。
左手の中指にはめていたタンクリングには、ころんとしたシトリン。
かわいいー。

地下鉄を降りました。
ころんとしたシトリンに、
蜘蛛の巣状の亀裂が!!
しかも深い亀裂。

なんでーーー!?

一体なにが起こったのーーー!?

衝撃的。

地下鉄に乗っている間、
全くぶつけたりした記憶ないのに。


いまでもなぜだかわかりません。


ね、不可抗力でしょ?


て、そんなことはどおでもいいのですよ。

蜘蛛の巣状の亀裂を見たときのショックといったら。

さらに、
亀裂の入ったシトリンを自らの手で割って、
指輪を崩すときの切なさといったらね。。。(涙



しばらく悲しみにくれた後・・・

ピンクゴールドは、別の指輪に生まれ変わったのでしたー
(どおゆうオチじゃ!?)


・・・。
ナニがいい悪いの話じゃあないけど、
こんなところも、貴金属のいいところかもしれませんね。(と思いたい。)


思い出のつまった宝飾品。

さまざまな理由で、

こわれた。
いらなくなった。(苦笑
などなど。


そんなときは、
ええ、
思い切ってリフォームしちゃってください



banner_01.gif
blogランキング参加してみました。クリックしていただけるとウレシイです!

作業現場から・・・ | trackback(0) | comment(0) |


2005/12/21 (Wed) シトリン

シトリン話が続いているので、
流れにのってそのままいってしまおうかと思います。


シトリン

日本名は黄水晶


水晶なんですよ。


紫水晶、つまりアメジストとはお仲間なわけです。

お仲間とゆうか、

天然の黄水晶は産出量が少ないらしく、
市場に出回っている黄水晶のほとんどは、
紫水晶を熱処理して黄色にしたものだとかなんとか。

じゃあ、コレもそうなのかな?
シトリン

アメジストもシトリンも、
それぞれの色あいは、結晶中の鉄イオンが原因。
その他の条件の違いによって、
紫、黄色と色あいが変わります。


結晶の間に、硫黄が入り込んで黄色く色づいた、
レモン水晶なんてものもあるらしいですよー。

て、
ひょっとして、コレのこと?
ゴールデン・シトリン、らしい。

たしかに、レモンな色あい。

・・・。
ゴールデン・シトリンとゆう名前で売られていましたが。(苦笑

わたしの場合、
シトリンとゆう石かどうかは別に関係なく、

この色あいが気に入ったのと、
キレイなカットに惹かれて買ったのだけどね。
(本当に、ちょっとめずらしくてキレイなカットなんですよー。)


それにしても。
この際、黄水晶にしてもレモン水晶にしても。

ここでゴールデンとつけるあたり、
ニクイとゆうかなんとゆうか。。。

ゴールデン。

たしかに豪華なカンジ。あはは。


だがしかし。

ゴールデン・シトリンならまだしもね、

薄い黄色のシトリンは、トパーズに似ていることから、
シトリン・トパーズなんて名前で売られていることもあるのです。

シトリン・トパーズ・・・

てゆうか、
シトリンでしょ!?な気分ですが、

残念ながらよくある話みたいです。


コワイですねー。


そう。
このテの話自体、よくあるのですよ。

フォルスネーム


近いうちにお話しますねー。



人気blogRankingへ
↑blogランキング参加しています。クリックしていただけるとウレシイです!

宝石いろいろ | trackback(0) | comment(0) |


2005/12/22 (Thu) やすり

いつも大変お世話になっております。

やすり達・・・
やすりたち

ご覧の通り、
大きいものから小さいものまで。
目の粗いものから細かいものまで。
カタチも平から丸から楕円から四角から三角から・・・

・・・写真じゃそこまではわかりませんね。

ま、多種多様なのですよ。

場面?ごとに使用するやすりも変わるわけですが、
当然、
基本は粗→細です。


カタチをつくるために、
まずは粗いやすりでザクザク削ってね・・・

削りすぎには気をつけたいものですな。。。


いやー。
何事もそうだとは思いますが、
やすりひとつとってみても、性格が出るんですよね!!

やすりに関して言うならば、
控えめすぎて、なかなか思うカタチまでいかないタイプ。
と、
思いきりよすぎて、うっかり削りすぎてしまうタイプ。
などなど。



わたしですか?

わたしは・・・
バランスよく、手際よく、ですよー。

て、なんだそれ?

しょせん慣れですからね。。。


そんなわたくしも、
最初の頃はかなり控えめでした。
「(作業が)す、すすまない。」

でも、あるときからふっ切れたのか、
ザックザックいくようになりました。


やっぱり、
しっかりと性格は反映されている、のでしょうか。(苦笑


ザックザックいけないときもありますよ。
比較してみましょう。

真ん中のちいさいの。
プラチナの石枠です。

こんなちいさいもの(またはもっと細かいもの)相手に、
ちまちま作業することもよくあるわけで。

気がついたら、親指や人差し指の爪もやすって?たりしてー。

うーん。
爪どころか、
親指と人差し指の皮も厚くなった気がします。


たぶん、気のせいではない。。。



banner_01.gif
blogランキング参加してみました。クリックしていただけるとウレシイです!

作業現場から・・・ | trackback(0) | comment(0) |


2005/12/26 (Mon) フォルスネーム

false name

「偽りの名前」といったところでしょうか。

宝石のなかには、
けっこう・・・あったりするのです。

  アフリカ・ダイヤモンド  無色トパーズ 
  アラスカ・ダイヤモンド  無色水晶
  フランス・ダイヤモンド  無色ガラス

  スピネル・ルビー     レッド・スピネル
  バラス・ルビー       レッド・スピネル
  ブラジル・ルビー     レッド・トパーズ
  アリゾナ・ルビー     パイロープ・ガーネット
  ケープ・ルビー      パイロープ・ガーネット
  セイロン・ルビー     パイロープ・ガーネット
  シベリア・ルビー      トルマリン
  ボヘミア・ルビー      紅石英

  ウラル・サファイア     ブルー・トルマリン    
  ブラジル・サファイア   ブルー・トパーズ
 
  ブラジル・エメラルド   グリーン・トルマリン
  ウラル・エメラルド     ガーネット
    
  アフリカ翡翠       グロッシュラー・ガーネット 
  オーストラリア翡翠   クリソプレーズ
  インド翡翠         アヴェンチュリン・クォーツ

説明は必要ないですね。
左がフォルスネームで、右が本当の名前?です。

ささっと載せてみましたが、
なんかもっと沢山ありそうですねー。

トパーズもガーネットもトルマリンも・・・
十分キレイなのだけどね、
やはり、
人はダイヤモンドやルビーとゆう名前に弱いのでしょうか。

とゆうか、
そのほうが実際高く売れるから?なの?

コワイなー、もー。


でも、
これで本当に騙されちゃったりするのでしょうか?

日本国内であれば、
「アフリカ・ダイヤモンドなんていって、
結局のところダイヤモンドなの?どーなの?」

ガンガン日本語が通じますからね、
騙されるとゆう事はないと思うのだけど。

うーん。

海外で宝石を買う機会があるときは・・・
やっぱり気をつけたほうがいいのかもしれませんね。

語学が達者ならまだ安心な気はしますが。

ま。
知っていて損する知識ではない、ですね。
(そもそも損する知識ってあるのか?)


それにしても。
シトリン・トパーズにひき続き、

スピネル・ルビーって・・・。

だからー、
スピネルなんでしょ!?

フォルスネームのくせして、
何故あえてスピネルとつける!?

なんて思ってしまうのは、わたしだけですか?



banner_01.gif
blogランキング参加してみました。クリックしていただけるとウレシイです!

石のこと | trackback(0) | comment(0) |


2005/12/27 (Tue) キャッツ・アイではなかった・・・

フォルスネーム関連、ではないか。

あ、
海外でのお買い物には気をつけて関連、です。

「キレイでしょ~このケープ・ルビー。ま、じつはガーネットなのだけどね~。」(←何キャラだ!?)

知っていて納得済みならば、まったく問題ナシ。

しかし。

そうだと信じていて、
そうではなかったら、

やっぱり悲しいですよね。。。



(たしか、)
香港土産のキャッツアイがふたつ。

ちょうどいいので、
プラチナ台のカフスでもつくろうかな、と。

ゴールドのリングをはめていたりと、
ジュエリー類がお好きな男性からのオーダーでした。

とりあえず、
キャッツ・アイをお預かり。

デザインやらなんやらを考えていたとき、
偶然居合わせた鑑定士からひとこと。

「これ、キャッツ・アイではないよ。プラスチックかなにかじゃないかな。」

げっ!!

どしよー!?

だって、
ご自慢のキャッツ・アイ。
信じて疑わないキャッツ・アイ。(疑う理由もないし。)

でも。
キャッツ・アイではない

告げるべきか否か
(ではないかも。じゃなくて、ではない。のが明らかなら・・・やはり告げるべき・・・だよね。)

その上で、
この石(プラスチック?)をつかってカフスをつくる。
ならば、それでよし。
としても、
プラチナじゃあ・・・もったいないなぁ。
シルバーでいいのではないかなー。

あれこれあれこれ。


で、
最終的にはどおしたのか・・・?


どおしたんだろ?


すいません。
実はわたしも、偶然居合わせた通りすがりのようなものだったので。

聞いたかもしれませんが、
その後のことはすっかり忘れてしまいました。(苦笑

カフスつくったのかなー?


「キャッツ・アイではない。」とゆう真実は告げました。

絶句していたそうです。

・・・そりゃあね。
唖然としちゃうよね。

でも、お土産を買ってきた人が悪いわけでもないしね。


かわいそうにー。
なんだか切ない気持ちになったのは、よく覚えているのです。

今こんなこと書いているくらいですから。。。



banner_01.gif
blogランキング参加してみました。クリックしていただけるとウレシイです!

日々・・・ | trackback(0) | comment(0) |


2005/12/28 (Wed) キャッツ・アイ

ここのところ、石のことばかりな気がしますが・・・

ま、いっか。


CAT'S-EYE:キャッツ・アイ
[日本名] 猫目石
[色] 黄・薄緑・オリーブ・褐色etc  
[宝石ことば] 恋愛・美


キャッツ・アイ

これは、鉱物名ではありません。

色石をカボションカットしたときに、
シャトヤンシー効果が現れる石を指す総称なのです。

・・・シャトヤンシー効果?

猫の目のようにはしる、一条の光の帯のこと。

だから、猫目石


実はこのシャトヤンシー効果、
エメラルドや水晶、トルマリンなど、
その他数多くの石に現れうる現象だったりします。

要は、カボションのカット次第。
ですが、
最も猫の目が?映えるのが、クリソベリル(金緑石)。

なので、
一般的にキャッツ・アイというと、
クリソベリル・キャッツアイのことを指している。
と思われます。


黄色から褐色、緑系まで、色みの幅はありますが、

高い評価を受けるのは、
ハニーカラー(蜂蜜色)とアップルグリーン

わたしのイメージでは、断然、緑系。
アップルグリーンだなぁ。
猫目石だけに。。。


最も映えるのはクリソベリルとしても、

トルマリンクオーツにも、
キレイなシャトヤンシー効果が現れるものが多いようで。

これらの石は、
石自体が良質で美しくても、
クリソベリルのキャッツ・アイよりは値段が安い場合がほとんど。

キラッ。

キレイに猫の目が光っていて安いのなら、
なんだか得した気がしますねー。


キャッツ・アイは、
とくにアジア諸国で人気の宝石です。

「幸運を呼ぶ石」だそうで。


またか・・・。


最近、
結局のところ・・・
どんな宝石も、なにかしらの幸運を運んでくる(と云われている)のではないか?

なんて思ってしまうしだいです。(笑



banner_01.gif
blogランキング参加してみました。クリックしていただけるとウレシイです!

宝石いろいろ | trackback(0) | comment(23) |


2005/12/29 (Thu) ブランドジュエリー

とゆう、のお話です。



BRAND JEWELRY 2005autumn

本の画像がなかったのでしばらく待ってたら・・・すっかり忘れてしまってたのだけど。
すでに2006springが出ていました。あはは。

でもやっぱり画像はなかったので、autumnの方で。

ちなみに、2006springだと・・・



季刊誌です。
年2回、春・秋、なのかな。

“世界のブランドジュエリー”
がリニューアルしたのだと思うけど、
イメージ的にはあまり変わっていない気がします。

名前の表示が変わっただけ?
日本語→英語

・・・て、
そんなつっこむトコロじゃないですな。


けっこうお気に入りのシリーズです。


いわゆる有名どころのブランドの新作紹介はもちろんですが、
(名前のとおりね。)
いろいろなカタチで、ブランドの特集が組まれています。

ミーハーだったり、派手なカンジ・・・
は、まったくありません。
(それがいいとか悪いとゆう意味ではなくてね。)

丁寧なつくりです。

ときには、
世界のジュエリーアーティストの紹介なんかもあって、
わたしとしては、すごく刺激を受けますねー。


目にも美しい?ことは間違いないので、
ちょっとでも気になるのであれば、
一度読んでみることをオススメします!



banner_01.gif
blogランキング参加してみました。クリックしていただけるとウレシイです!

ジュエリーの本 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

** g.Ricco ** ジ.リッコ

gioiello(ジョイエッロ)
宝石、宝飾品、大切な人・モノ
gioia(ジョイヤ)
喜び、幸福を与える人・モノ
garbo(ガルボ)
繊細、精巧、粋な、たしなみ
gusto(グスト)
味覚、味、好み、センス
grazia(グラッツィア)
優美、優雅、上品な、魅力

ricco(リッコ)は、
豊かで恵まれていること。

自分の感覚を大切に。

大切な人たちやモノたちに
かこまれた生活は、
自分自身を、
そして人生を、
より豊かなものにしてくれる
と思うのです。

ABOUT ME

Ricco

Author:Ricco
オーダーメイドジュエリーのデザイン・制作を中心に活動しています。
ジュエリー。
大好きな方でも、なんだか未知の部分が沢山あったりするのではないでしょうか?
これまでの制作活動のなかでのエピソードも交えながら、
ジュエリーにまつわるアレコレ、
いろいろな方向からお話が出来ればと思っております。

** g.Ricco ** Profile

お問い合わせなどがありましたら
コチラから。
お気軽にどうぞ。

** g.Ricco ** のオーダーメイドジュエリーにご興味がある方は、
コチラをご一読ください。

** 課外活動のお知らせ **

g.Ricco(ジ.リッコ)~課外活動~

帯留め

SILVER

「OBIDOME」

「源氏香之図」より

SILVER

「初音」「胡蝶」「紅葉賀」「絵合」

Aries

SILVER

「牡羊座」

Taurus

SILVER

「牡牛座」

Gemini

SILVER

「双子座」

Cancer

SILVER

「蟹座」

Leo

SILVER

「獅子座」

Virgo

SILVER

「乙女座」

Libra

SILVER

天秤座

Scorpius

SILVER

蠍座

Sagittarius

SILVER

射手座

Capricornus

SILVER

山羊座

Aquarius

SILVER

「水瓶座」

Pisces

「魚座」

December

SILVER

「猩猩木」

November

SILVER

「UZUMAKI」

October

SILVER 「吹寄」

September

SILVER

「ShellHeart」

August

SILVER

「星」

July

「朝顔」

June

SILVER

「PEARL」

May

SILVER

「牡丹」

April

SILVER

「Butterfly」

March

SILVER

「MUZUTAMA」

February

SILVER

「結晶」

January

SILVER

「椿」

KANZASHI

SILVER

淡水パール&キュービック

PEARL

結婚のお祝いに♡

PEARL

パールとアメジストのネックレス

PEARL

アイスブルーのブレスレット

PEARL

3wayネックレス

PEARL

二連のロングネックレス

PEARL

ロングネックレス

PEARL

グレーな三連ネックレス

PEARL

秋冬カラーなネックレス&ピアス

CALENDAR & ARCHIVES

9月の誕生石は、サファイア。

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

RECENT ENTRIES

CATEGORY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。